トップ

安全なバスの基準

優秀なバスとはなにか

書面に残すバスは安全に秀でる

乗客の安全に配慮する乗り物には、関連する書類が山のように作成されます。評価の基準になり得る情報源なので、運行の度に記録がなされることがしばしばです。出発から到着までに通行した道や運転手の体調など、バスの安全性を高めるために欠かせないと考えられるものは全て該当します。中立的な外部機関が書類を精読することによって、総合的な評価が下されるというわけです。業界の事情に詳しい第三者からのお墨付きがあれば、バスが顧客から選ばれやすくなります。煩雑な作業であることは明白ですが、車両が走りだせば手間暇がかけられます。

バス安全評価のシンボルマーク

貸切バス事業者安全性評価認定制度のシンボルマークがあります。利用者に安心してバスに乗ってもらい、ニーズに対応したサービスを提供し、安全に対する取組状況が優良な会社であることを示すシンボルマークです。シンボルマークは優良な会社である証明になっています。優良な認定業者であるという公表は、シンボルマークを運行する車体につけたり、各事業者のホームページや従業員の名刺などのシンブルマークにもなっています。サービスと同様に安心して乗ることが出来る会社であるという判断にもなり、シンブルマークの効果でもあります。

安全なバスの基準情報

新着情報

↑PAGE TOP